女性なのにウルトラマンのわけ


2011年からの3期目は、日本共産党の道議は1人だけでした。

3分間質問ではカラータイマーのように青ランプが赤ランプに変わります。議場から「まるでウルトラマン!」と声がかかりました。


道政史上最短の質問時間「1分」に、知事は「今後は辞退する」と答弁。北海道電力の役員から高橋はるみ北海道知事への政治献金に、終止符を打った瞬間でした。

4期目(2015/4/30~)、日本共産党の道議団は4人の会派となって、質問時間は大幅に増えました。  :*:.。.:*(´∀`*)*:.。.:*:

2017年7月21日金曜日

波打つ道路の改善を要請

19日に調査した1条通7・8丁目の波打っている道路について、能登谷繁市議とともに管理者である旭川市に対応を要請しました。
旭川市土木部の新野康二部長と山田一政主幹が、市として可能な改善を検討すると答えました。

2017年7月19日水曜日

波打つ道路を調査

19日、旭川市1条本通り7丁目の道路を能登谷繁市議と調査しました。
路肩の白線部分の道路が上下に波打っています。タクシーも発進しずらく、乗客も揺れたりして危険です。道路管理者に対応を求めていきます。



2017年7月17日月曜日

ビールパーティー大盛会

真夏日が続く旭川。ビールパーティーが大盛会です。15日は旭川手をつなぐ親の会と旭川民商のビールパーティーに参加しました。
旭川手をつなく親の会は60周年を迎えました。旭川民商は原水禁世界大会の代表を送り出します。

2017年7月15日土曜日

お祭りを回りました

15日、「永山3区第4町内会・ながやま医院 地域ふれあい健康まつり」 に、荻生和敏6区予定候補、能登谷繁市議とともに参加しました。
永山西小学校の生徒による吹奏楽演奏に大きな拍手がおくられていました。




 つづいて、能登谷繁市議、石川厚子市議とともに旭川のびろ保育園の宵祭りにも参加しました。魚の掴み取りに子どもたちが大はしゃぎでした。

日本共産党創立95周年の日に街頭から

15日、今日は日本共産党創立95周年です。
定例の街頭からの報告。
共謀罪廃止の訴えの他、中国人・朝鮮人強制連行やアイヌに対する同化政策の誤りなど、知事の歴史認識を議会で質したことなども報告しました。
おぎう和敏衆議院6区予定候補、石川厚子市議とともに訴えました。


2017年7月13日木曜日

サハリン州議会代表団が来道

13日、サハリン州議会代表団が道議会を訪問。エフレモフ・ウラジミル議長を団長に来道し、道議会を表敬訪問。
国家建設・議会規制・地方自治常任委員会委員のイワノヴァ・スベトラーナ議員と意気投合。

全国の議員と林業活性化に関する要請

12日、沖林野庁長官、牧本次長に森林整備予算確保とEUとのEPAによる影響調査・対策などを要請。旭川家具も話題になり協力していきましょうと意気投合しました。
議員と関係団体の方々とまわった議員会館では、はたやま和也衆議に直接要請できました。





林業活性化促進地方議員連盟総会

11日、森林・林業・林産業活性化促進地方議員連盟の総会に参加。霞が関ビル35階が会場です。
ヨーロッパの木造建築から「木と建築と社会」を考える、をテーマに法政大学デザイン工学部建築学科教授の網野禎昭氏の講演を聞き、木造住宅の歴史や持続可能性について学びました。



肢体不自由児者父母の会ビールパーティー

8日、肢体不自由児者父母の会のビールパーティー。
おぎう和敏衆院6区予定候補、石川厚子市議、真嶋隆英市議と共に参加しました。

2017年7月9日日曜日

猛暑のなか街頭から

8日、あつ〜い旭川で終わったばかりの道議会報告。安倍政権は情報公開もしないまま、EUからのチーズやワイン、豚肉などの関税撤廃に向けたEPA交渉で妥結。北海道には大打撃です。全会一致で影響の把握と対策を求める意見書を可決したことを報告しました。
また、マスコミでは自民党が東京都議選で歴史的大惨敗を喫した敗因をTHIS is 敗因と評していますが、安倍首相のAが抜けています。批判されたのは安倍首相自身の暴走、ピコ太郎っぽくTHIS is A 敗因、でしょうか。