女性なのにウルトラマンのわけ


2011年からの3期目は、日本共産党の道議は1人だけでした。

3分間質問ではカラータイマーのように青ランプが赤ランプに変わります。議場から「まるでウルトラマン!」と声がかかりました。


道政史上最短の質問時間「1分」に、知事は「今後は辞退する」と答弁。北海道電力の役員から高橋はるみ北海道知事への政治献金に、終止符を打った瞬間でした。

4期目(2015/4/30~)、日本共産党の道議団は4人の会派となって、質問時間は大幅に増えました。  :*:.。.:*(´∀`*)*:.。.:*:

2017年5月22日月曜日

共謀罪の委員会強行採決に抗議

19日、自由を奪い監視・密告社会をつくる共謀罪法案が衆議院法務委員会で強行採決されましたが、反対の声は不安といっそう広がっています。
この日、札幌でデモに参加。参加者とても多くて沿道の関心高いです。



駐日キューバ大使と懇談

19日、北海道を訪問されたキューバのカルロス・M・ペレイラ駐日大使ご夫妻とお会いしてキューバの情勢などをお聞きしました。米国との国交正常化と経済封鎖の解消の進展などとともに日本への期待も寄せられました。偶然ブラジルからも知人が来室。タッチの差で会えませんでしたが、お土産をいただきました。お皿の上でカットしようと開けてみたら、なんと石鹸(笑)確かにシャボンの表示がありました。

2017年5月15日月曜日

平和行進で歩きました

13日、心地よい天候に恵まれ、核兵器廃絶めざす平和行進が旭川市を通過しました。
3キロの道のり歩きながらアピールすると、車や自宅前からも手を振ってリアクションしてくれる方々がいます。うれしいですね。

その後は定例の街頭報告を終えて、花見会場でジンギスカンをおいしくいただきました。



新潟県の米山知事と懇談

福島県と新潟県を訪ね、福島第一原発事故が歴史の上でどれだけ重大なことか、あらためて噛みしめました。
11日、命とくらしの責任を果たすと公約して当選した新潟県の米山隆一新潟県知事とおあいでき、知事から「あのような事故は二度と起こしてはならないと誰もが思っている。事故原因、健康とくらし、安全な避難の検証なしに原発の議論はできない」と明快なお話も聞くことができました。
新潟県版給付型奨学金を創設し、どの子にも勉強してもらいたいと語る笑顔から、気さくな人柄がにじみでていました。

原発ゼロへの取り組み広がる福島県

福島県のバイナリー発電、小水力発電、太陽光発電、広がってます。原発ゼロの決断が背景にあると強く感じました。
阿部裕美子県議、県議団事務局のみなさんありがとうございました。






2017年5月11日木曜日

福島県、新潟県の視察へ

9日から党道議団で福島県と新潟県の視察へ。
10日は福島市の元気アップつちゆのバイナリー発電、小水力発電を目の当たりにした後、普通列車で喜多方へ。
車窓から会津磐梯山が綺麗に見えました。



2017年5月8日月曜日

鉄道路線廃止に歯止めを ~ 道に政策提案

5月2日、札幌は観光客とフレッシュマンたちでいっぱい。
仕事姿で歩くと浮いている感じでしたが、畠山和也衆議と一緒に鉄道政策を道に届けて意見交換しました。
道庁前庭には桜とハクモクレンが咲き始めていました。


2017年5月1日月曜日

メーデー

5月1日、第88回メーデーに参加しました。
旭川集会には紙智子参議院議員もかけつけ挨拶しました。














2017年4月28日金曜日

議員研修会で缶詰に

24日からの3日間、大阪で開催された全国地方議員社会保障研修会に参加しました。迷子になりそうになりながら着いた会場は机3人掛けにビッシリ。講師から、こんなに密度の濃い講演は初めてと感想がでたほどです。3日間缶詰で学んできました。